« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月30日

感動してだだ泣きの27歳男性

学生時代、よくドラマをみてました。
ディ・ラマと呼ばれるようなものは、
ほぼすべてチェックしていましたね。
ええ、テレビッ子でした。
お笑い番組と重なった時は、片方を録画して、
もう片方はリアルタイムでみて、
自分の部屋のビデオデッキと、親のビデオデッキと、
もうフル活用してました。
おかげで、自分の部屋のテレビデオは速攻で壊れてしまいましたが。。。

  話はそれますが、テレビデオはダメですね。
  壊れるとテレビもビデオも両方修理に出したことになるので、
  部屋の楽しみが8割方なくなってしまった感じでした。
  当時はまだパソコンなんてありませんでしたしね。
  一部パソコン通信があったぐらいで、
  まだまだ私には未知の世界でした。

社会人になってから、テレビを見る時間が減りました。
もう思いっきり減りました。
ゲームばっかりしていたというウワサもありますが、
それはさておき、読書したり物思いにふけったりしていたわけでなく、
インターネットが生活に大きな影響を与えました。
でも、今でも少しずつですが、
ドラマや映画をみるようにしています。
ジャンルは、ドラマであればラブストーリーで、
映画はホラー以外のノンジャンルでみます。

最近ハマっているのは、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」です。
わかる人にはわかってもらえると思いますが、
えりぃふみや君とが再会してから、
ガジュマルの樹の下で、また結婚の約束をするまでの間、
も~、目が離せません!一気にみたい衝動に駆られます。
今7巻を見終わった「ちゅらさん」ですが、
もうここまででもだだ泣きで感動モノなので、
気になった方はぜひみてみてくださいな。
いやもうホンマに泣きますよ。

投稿者 noguchi : 23:08 | コメント (0)

2005年03月27日

新興勢力として

マスコミや政界から叩きに叩かれていますが、
ライブドア・堀江社長、がんばってもらいたいです。

やり方について色々と批判の声があがっていますが、
ライブドアにとって、他にやり方があったでしょうか。
普通にTOBなり公開買付けを行っていれば、
色々と裏のありそうなグループから
簡単に買収防止策を使われ、
つまはじきにされていたんじゃないでしょうか。

奇襲を使って躍り出たことで、メディアの脚光を浴びています。
それで国民からも注目されたため、相手に
安易な裏工作を使えなくしてしまったんだと私は感じています。

完全にライブドアを信じているわけではありませんが、
新興勢力として、今の社会を変えていただきたい。

プロ野球のときは、
戦いに参加していなかったソフトバンクが
突如として現れ、いきなりホークスを買収してしまいました。
今回も最後にソフトバンク・インベストメントが持って行きました。
また同じ勝敗がつかないように応援しています。

投稿者 noguchi : 04:12 | コメント (0)

想定の範囲外

確か3月25日がニッポン放送の株主の権利確定最終日なので、
現時点で、一旦情勢が決まり、ある程度落ち着いたと思います。

ライブドアは、ニッポン放送の買収にほぼ成功しましたが、
最後の最後まで邪魔されて、目指していた本丸フジテレビへは
攻めづらい形にされて、終わってしまいました。
(一応、まだ先はあるでしょうが・・・)
まさか第三者に貸株してしまうとは、
まだ経験の浅い私としては、想定の範囲”外”でしたね。

ライブドアのS高を期待していた浅はかな考えからだと、
翌日の寄り付きで、1割下がっていたのには驚きました。
上がると思えば下がり、下がると思えば上がる、
株ってホントにわからないイキモノです。

投稿者 noguchi : 02:55 | コメント (0)