« 2005年09月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月31日

24 season2 を見て(これは納得がいかない!)

season1をみてからはや半年?

ついにseason2を見始めたのは、10日ほど前のこと。

season1である程度のパターンがわかったので、
今回は少し落ちついてみれるんだろう、と思っていました。

でもでも、何回もびっくりさせられましたね。

止まりません。

止まりません。

止まりません。(浜村淳風で)

「あと1話みてから・・・」と何回口にしたか。

(続きは、ネタバレがあるので、こちら)

※※※ 以降、ネタバレ注意 ※※※

毎日1話ずつ、と思っていたのですが、
途中から加速していって、最後の方は5話くらい一気にみてしまいました。。

で、感想ですが、

フィクションとはいえ、納得のいかない点がひとつふたつ。

今回は、
 テロリストによって持ち込まれた核爆弾が、
 L.A.で24時間以内に爆発する
、というストーリーだったのですが、
結局12時間ほど過ぎたあたりで核爆発しました。

が、

私はこれに納得いかなかったのです。

フィクションなのは100も承知ですが、
現在でも被爆国は世界でも日本だけで、戦争中に落としたのもアメリカ。

そのアメリカ自身が製作したドラマで、アメリカを被爆国にしてしまう。
そんなんでええのかな、と感じました。

それだけならまだいいかな、と思っていたのですが、
テロリストの国には、「中東の3ヵ国」という表現を使っていて、
具体的な名前を伏せたわけなんです。
(繰り返しますが、このドラマはフィクションなわけです。)

実際には国際的な問題から、
テロリストの国名を抽象的にしたのにも関わらず、
日本に対してはそこまでの神経は使わなかったんだなぁ、と私は感じました。

24 TwentyFour は、もうseason4まで終わっていて、
season5も出るとか出ないとかいう話ですから、
その間、ずっと被爆国という扱いになるんでしょうが、
はたして、これでいいんでしょうか?

こんなことを言っていても、
24 TwentyFour の続きはしっかり見るつもりなのですが、
少し残念に終わった season2 でした。


余談ですが、season1は、24話を2日くらいで見た気が。。。
season3はスケジュールに気を遣わねば!

投稿者 noguchi : 00:43 | コメント (0)

2005年10月30日

コンサートに行ってきた

先日、姫神のコンサートに行ってきました。

姫神ってだれ?って人はこちら
>> HIMEKAMI official website [web]


オムニバスアルバムの「the most relaxing~feel」 [web]
の曲「神々の詩」など幻想的で壮大な音楽を堪能し、癒されてきました。

Officialサイトにあるような三角のピラミッド空間の中でシンセサイザーを演奏していました。
集まった人の年齢層は思っていた以上に高く、
おじいさん・おばあさんと呼べそうな人も結構いました。

姫神の創始者(?) 星吉昭さんという方は、昨年亡くなられたので、
星吉昭さんの長男でもある星吉紀さんが意志を継いで、
新生姫神として活動を継続しています。

コンサートのMCを聞いていると、
すごく落ち着いた人だなぁと感じていたので、
30代後半くらいをイメージしていたのですが、帰ってきて調べてみると、、、
1978年生まれ!?あの落ち着きようはいったい・・・。

興奮するようなコンサートではなく、
ゆったりと落ちついて音楽を楽しめた有意義な時間でした。

投稿者 noguchi : 15:50 | コメント (0)

2005年10月28日

歴史上人物占い

「歴史上人物占い」というのがあるようで、早速やってみました。

ググってみる(Googleで検索すること)と、いくつかでてきました。

でわ、早速。

* 歴史上人物占い1
http://u-maker.com/163.html

* 歴史上人物占い2
http://www.media-beacon.com/rekisi/SindanFiles/sindan.html


* 歴史上人物占い1:【結果】 http://u-maker.com/163.html

××××さんは【卑弥呼 】です!

● 卑弥呼さんのあなたは、ちやほやされるのが大好きな目立ちたがり屋。
とりあえずカッコ良さそうなどと、いろいろなことを試してみる好奇心旺盛なタイプです。
始めるのも気まぐれだけど、投げ出すのも唐突で、こらえ性がありません。
場当たり的な行動もひんしゅくを買わないのは、生まれ持った愛嬌のおかげ。
根気よく続けることさえできれば、大成する可能性大!

● ××××さんの金運最高デーは、3月10日です!


* 歴史上人物占い2:【結果】 http://www.media-beacon.com/rekisi/SindanFiles/sindan.html

歴史人物占い:占いの結果
徳川家康

基本性格

徳川家康タイプのあなたは、強い信念の持ち主。
派手に騒ぐこともなく、めったなことでは動じません。
コツコツ陰で努力する粘り強さを持っています。

外観にこだわるほうで、自分自身や持ち物を重々しく飾りたてる傾向がありますが、
一皮むけば、意外に大胆で荒削りな内面も持っています。

安全と信頼がモットーなので、仕事の基礎固めには余念がありません。
またプレッシャーにも強く、長期にわたる事業を手がけることに向いています。

なんでもしまい込む性質があります。物持ちがいいのは結構ですが、
度が過ぎるとケチということになります。貯金は無理なくたまるタイプです。

適職
財務能力に優れているうえ、安全志向が高いので、
銀行、保険、証券会社などの金融関係に向いています。
会社の中では、経理や資金運用関係の職種に適任です。


なんだかなぁ、という結果でしたが、みなさんもやってみては?

投稿者 noguchi : 03:03 | コメント (1)

2005年10月21日

どうしたものか

このブログも、日記風から全然手を加えなくなってしまいました。

でもmixiにもついに参入してしまったことだし、
アクセスも多少はあるだろうから、もうちょっと見栄えを整えてみようかな。

でもでも、、、

普通のブログは、もう普及しきってしまった感があるので、
仕事柄、次のテクノロジーを使ったサイトを作ってもいいかな、とも思ったり。

でも、コンテンツがないので、どうしたものか。。。


よし!あのクライアントに無償提供しよう。


いや、やはり少しは費用もらおう。

ということで、やっぱりここは、このままで。
少しは CI というものを意識して手を加えようかな。

投稿者 noguchi : 23:30 | コメント (0)

2005年10月16日

市営住宅ってどんな感じ?

親友の結婚式に行ってきました。

自分たちが結婚式をするまではあまり感じなかったのですが、
私自身の感覚がオヤジ化してきているようで、
披露宴の最後に、新婦さんが両親宛の手紙を読んだりすると、
私自身に向かって言われているような感覚になります。
ちょっとアブナイです。

結婚というと、新しく住まいのことを考える時期です。
一戸建て、分譲マンション、賃貸マンション、
ほかにもふたつと同じものがない選択があります。

その中のひとつの選択肢として、今回は、大阪市の宣伝をしようと思います。

みんな、市営の賃貸といえば、公団・大阪市営住宅。
応募して、抽選に通ったら入居できて、というイメージがありますよね?

私もそうです。

いえ、そうでした。

現在の住まいには今年の初夏に引っ越してきたのですが、
管理会社のトラブルに巻き込まれてしまったので、
またまた引越しをすることにしました。

当分賃貸で考えていて、いろいろと探していたところ、
このトラブルの相談で大阪市に行った際に教えてもらった
「市営すまいりんぐ」という賃貸マンションがありました。

2DK~3DKの賃貸マンション約60m2 を家賃10万円程度で借りれる仕組みです。

が、

その元々の家賃から、収入に応じて、大阪市から補助金がおり、
最大3割程度まで補助してくれるマンションです。
最大まで補助してもらえると、3DK(60m2)のマンションが6~7万円ほどになります。
う~ん、格安ですね。

ただ、イメージするに、築10年とか20年とかのマンションで、
すごく設備も古いものを思い浮かべるでしょう。私はそうでした。

この10月に、年に1度だけ市営すまいりんぐのモデルルームが
公開されていたので見学に行ってきました。

感想は、「すごい!いい!」でした。

私が見に行ったところは、上に書いたような家賃で、
だいたい築5年程度。
車いすの人でも入居できるような対策がいろいろとされていました。
段差がほとんどないように設計されていたり、
バルコニーの奥行きがすごく広かったり、
通路の幅がすごく広かったり。

水回りにも同様に設計されていたので、
広くて、あまり段差のない作りになっていました。

今回、民間の賃貸ですごく痛い目にあってしまったので、
少し静かに暮らすために、市営すまりいんぐの入居考えています。

■おことわり
  この情報は事実に基づいて書いていますが、
今後の状況により変化する可能性がありますので、
正しい情報は、ホームページを確認してください。
もしくは、大阪市住宅供給公社まで相談にいってみてください。
http://www.osaka-jk.or.jp/

投稿者 noguchi : 22:56 | コメント (1)